読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マガジンはコスパ効果が最強♪

説明書だけだとうまく組み立てられないらしいので!公式サイトの補足説明をあわせて読んでから組み立てたほうがいいらしいです。上から覗く新鮮さもいいし!覗いた中の見え方がレトロでたまんないです(´∀`*)一般的な35mmフィルムを使えるのも嬉しい♪首から下げるための紐を通すところもあるので!お好みのストラップとかを通して首から下げておけます♪あたしは百均で合皮の紐を買ってきて!3色使って編んで!それを通しました。元々トイカメラが好きだから余計にかな(^ω^)カメラ女子にはたまらないと思います。

コスパがいい!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

マガジン大人の科学マガジン(vol.25)

詳しくはこちら b y 楽 天

雑誌の綴じ込みにデコレーションシールが二種類あったので木目調のものをチョイスして貼ってみました。付録の二眼レフは35mmフィルム用ということもあって思ってた以上に小さかったですがこの価格でこのクオリティなる良いんじゃ無いでしょうか?楽しめそうです。撮影の出来で評価変えるかもです♪早く撮影したいなぁ♪中身は雑誌一冊と付録のセットです。組み立てるのは好きなほうなので、とても楽しかったです。制作時間約1時間ってかいてたけど、集中的にしたらほんとにそれくらいで完成!すっごく可愛いです。付録のカメラですが!解説書とおりに組み立てていきます。一部わかりにくいところもありましたがネットで作り方の動画もみられるので安心。雑誌の内容も読み応えがありました。当時のワクワク感が戻ってきました。某雑貨屋さんで見つけてからずっと気になっていて、1、2ヶ月ほど悩んだ末、楽天ブックスさんで購入しました。撮影時は!ピントが合ってるのか分からなかったり!フィルム送りを忘れたりしますが!1枚1枚撮影するのがとても楽しく感じました^^それに子供のころ以来のフィルムカメラなので!デジカメでは感じられない新鮮さがありました。数種類のネジの大きさを間違えたり、小さなバネを飛ばして紛失したりしないように、説明書をよく読みながら組み立てないと、取り返しのつかない事態になりますのでご注意ください。シャッター周辺のネジ止めの調整部以外は簡単な組み立てなのでお子さんの冬休みの工作研究にも使えますよ。それが悪かったのか!こないだ真岡鉄道のSLなどを撮影してきたので現像してみたら光漏れがあり!写真にオレンジ色の変色がありました。簡単に作れるけれど、決して簡単過ぎず、作りながら仕組みとかを無意識に勉強させてくれる…完成したときの満足感…どれもgood♪ただ、ストラップを付けようにも、ストラップを通す穴が狭すぎなのが残念です。作るのには大体30〜40分位で良いと思います。もともとトイカメラ好きだったんですが!自分で組み立てたカメラで写真を撮るのは楽しさ倍増です!友達にプレゼントで追加購入して!その友達からも好評でしたカメラ作ってみるとやっぱり二眼って簡単な作りなんだなぁと実感できます。人の手を借りたくなかったので!自力で2時間強かかりました(笑)シャッター部分が難しく!PCで作り方のムービーを見ながら作りました★外見は!とっても素敵にできました♪まだ撮影はしていないので!★は4つで。フィルム送りや枚数を間違えないようにが一番気を遣うかも。でも!物を作るの好きな人にはお勧めです。カメラ構造に関して全くの素人の私でも組み立てることができました。』と表記されているところは実際には『バネBを使用する。僕は組み立て時に、終盤でフタがきっちり閉まらない箇所があって、少々力任せに組み立てた部分がありました。二時間くらいかかるほど組み立てにてこずりましたが、とても楽しかったですできたカメラはとても軽くて一眼レフと一緒に持ち歩くのが苦になりませんまた、コレがきっかけでトイカメラに興味を持ちましたすべてデジタルになってきている今、一般人がフィルムで遊べるのは今だけかもしれませんまた、フィルムですから大事に構図を決めて一枚一枚のシャッターを切っていく行為はデジタルではありえなくある意味新鮮でしたトイカメラが好きだったのと、二眼レフの形が珍しかったので購入。最初に用意するものはセロハンテープとセットするフィルムだけです。プラモデルと違ってカットしたりする必要が無いので箱に入ってる物を組み立てていく感じです。組み立てに必要な工具は同梱されていますので!すぐに組み立てることができます。絞りは無いのですが若干曖昧ですが、ピント合わせは出来ます撮影はF11 1/150秒固定位と考えて明るい場所で撮る分には問題ないかと私は自宅現像なのでモノクロでの撮影でしたが35mmフィルムで周辺落ちが逆にトイカメラらしくて面白いなぁと思いました。組み立て時間は約30分。組み立て途中ででシャッターの構造ってどんなものなのかも学習できましたし、楽しい付録です。おもちゃのカメラなので!それなりの写りですが!なんだかノスタルジックで味があって個人的にはとても好きです。在庫切れでなかなか購入できなかったんですが、増刷でやっと購入できました。プロの方がこの付録カメラで撮った写真などもあり見ても楽しく、カメラの歴史や仕組みもわかり買ってよかったです。どんな、写真が撮れるかは腕しだいですが(笑)子どもの頃、よく学研にはお世話になってました。最初だったのでピントの合わせが難しくてうまく撮れたのは追加した2枚+数枚でした。。完成してからわかったのですが三脚をつけることもできるのでストラップを首にかけて撮る方法だけではないのでアソビの幅が広がります。二眼レフで一度撮影してみたかったので!即決で購入しました。雑誌は二眼レフカメラの歴史やプロカメラマンが付録のカメラで撮った写真が掲載されています。ちょっとだけ、某映画の宮崎あおいちゃんっぽい感じかな(  ̄▽ ̄)カメラを持って天気のいい日はお散歩にでかけたいです♪【写真追加】カメラ持って出かけてみました。はまりにくい場所が3箇所位ありましたシャッターユニットの場所はちょっと苦戦しましたが最初からネジを閉めすぎないように作ればおおむね大丈夫だと思います。すごくカワイイです。でも出来上がりの味わいがあったかくてイイ感じ(・∀・)家に残ってるフィルムを活用したくて購入しましたドライバーまで一緒に入ってるので思い立ったらすぐ組み立てできますがきちんと説明書を読まないと、緩めとくネジを締めてしまったりとかして後で痛いメにあいます。プラモデルなど作った経験が無かったので組み立てられるか不安でしたが!雑誌の付録の作り方に書いてあった目安の1時間でちゃんと作れました。受け取るまで少し待つ間に熱が冷めてしまい!せっかくの付録をまだ組み立てていません。シャッター部分だけは難しかったので!公式サイトの動画を参考に作りました。結局仕組みは複雑ではないので、ちょっと考えれば見なくても作れました。』という感じです。P86の『入っているもの』を参考にすると・・!『バネAを使用する。普通のカメラ用ストラップでは通りません。組み立て大失敗です。バネの表記に間違いがあったりして少し戸惑いましたが!2000円で自分のトイカメラができあがる魅力的な本(?)です!!もう一冊購入しようかと思うほどおすすめ☆訂正箇所(P86からの組み立て方)バネA⇔バネB!バネC⇔バネDになっています。フィルムはISO感度が400だったかな。写真は自分用がジャーマングレー!オリーブグリーンにペイントしたもの!依頼で作ったブラウンのしぼ革を貼ったものになります。このカメラの魅力は・・・!自分で作成すること!ホルガやLOMOよりも軽量でコンパクト!二眼レフのファインダーの世界!135ミリのフィルムで気軽に撮影できること!いろいろあります。材質はネジやバネは金属で本体及びレンズはプラスチックです。光漏れは黒のビニールテープでフタの隙間をふさげばどうにかなりそうですが、フィルムの送りも固いのが問題で、ちょっと悩んでます。自分で組み立てるなんて!・・・素敵すぎます!不器用なりに頑張りました。ちょっとした、トイカメラでも、かなりの値段はしますが、組み立て式とはいえ二眼レフが2500円!!組み立ては+ドライバー(付属)一本でできます。フィルム代や現像代が掛かりますが!たまには写して楽しもうと思います♪二眼レフがこの価格!形も可愛くてカスタムも楽しいです。どんな写真が撮れるか楽しみです。でも、他の方はブログなどで綺麗に撮れた写真を公開されているので、僕のようなオッチョコチョイじゃなければ綺麗な写真が撮れる完動品が完成すると思います。